●壁瑠璃鸞鳳玉
(へきるりらんぽうぎょく)
・アストロフィツム属
・Astrophytum myriostingma var.nudum




鸞鳳玉の白点が無く全体が綺麗な緑をしている、
日焼けしやすいので夏場にかけて遮光が必要になる、
対光:弱い
対寒:比較的強い
根(水):水は少なめがよい



鸞鳳玉より日光に弱いとの事なので一年を通して室内で育てています、
日に当たるのは午前中のみですが特に問題はありませんでした、
夏場の日差しもガラスか網戸を通せば大丈夫でした


手持ちのサボテンの中で一番大きな個体、花の咲く期間は春から秋までと長く、この壁鸞は秋の初めに次々に咲いてくれました
これぐらい大きくなれば水やりも1ヶ月に一度で十分なようです


[←戻る]